https://tensyoku-noeigyo.com/

理系は営業以外に転職すべき!理系に向いているお仕事を紹介

営業以外 理系

これから転職を考えていて、出来れば営業はやりたくないなぁと思っている理系の皆さん。

それ正解です!

理系出身で営業経験のある私が言うので間違いありません。いや、理系でも営業職に向いている人はいますが、「少しでも営業は嫌だなぁ」と思っているのであればあなたは営業に向いていないと断言します。

そこで理系が営業職に勤める辛さと、理系におすすめの転職先をご紹介しましょう。

理系での営業職は地獄

営業以外 理系実は営業職のほとんどは文系出身って知っていましたか?なんと文系の7割は営業に就職するとまで言われているほどです。

だから言ってしまえばそもそも理系は営業に向いていなく、理系が営業職についても以下のような地獄が待っています。

コミュニケーション能力の壁を感じる

理系が文系職に就職すると周りの圧倒的コミュニケーション能力に圧倒され、自分がコミュ障なのでは?とまで思えてきます。

そして段々と人と会話することが苦痛になっていき、顧客との会話でストレスを溜めていくことになります。

かく言う私も営業職で人間不信まで陥り、このままでは心が腐ると危機感を感じて転職を決意しました。

論理的思考が仕事の邪魔をする

理系出身の人は基本的に論理的思考の人が多いです。しかし営業の仕事は感情的に動いたほうがうまくいきます。

例えば化粧品を売るとき商品の成分を事細かく説明されるより、この商品の使うことで見違えるような綺麗な肌になりますよ、と言われたほうが買いたくなりますよね。

でも理系出身はどうしても論理的思考が邪魔をして固い説明になっちゃうんです。当然、売り上げも伸びずにどんどん自分が出来ない人間だと落ち込んでいき、ダークサイドに引き込まれていきます。

ノルマによるストレス

ノルマは営業にはつきものです。一日にどれだけ売り上げろと上司から言われ、月末にはその結果が社内に張り出されて結果が悪ければ当然尻を叩かれます。

これが本当にストレスで、ノルマが嫌で営業職を辞める人は大勢いるんです。特に理系に限ればコツコツを自分のペースに合わせながら作業に没頭するタイプの人間が多く、毎日せかされ、さらに不規則な仕事が入るような営業は一番向いていない職になります。

ストレスで心と体を壊す前に自分に合った仕事を見つけて転職したほうが絶対にいいです。

理系が向いている営業以外の仕事

営業以外 理系ではいよいよ理系におすすめの営業以外のおすすめの仕事を紹介しましょう。理系・文系は自分の個性を表すタイプの一つなので、理系に合った仕事選びは転職を成功させるポイントにもなりますよ。

企画・マーケティング職

営業職から営業以外に転職したいという方に特におすすめしたい仕事です。

どういった仕事内容かというと、商品を顧客に売り込む販売戦略を立てる仕事になります。ターゲットを選定して物を売るという面で営業職に非常に近い内容です。

ですから営業職から企画・マーケティング職に転職する人は多く、営業経験をフルに活かせます。

また実際に人と向き合って売る営業と違って理系の論理的思考を活かして顧客データを分析し、より完成度の高い販売戦略を練れば大いに会社の売り上げにも貢献できるでしょう。

IT・WEBエンジニア

プログラミング系を学んできた理系の人にはピッタリの仕事です。また実はIT系の仕事は未経験者でも転職出来ます!

ITって聞いただけで専門知識が必須で経験者優遇って思われがちで転職先の候補にすら上げない人って結構いるんですよね。

でも最近は未経験者を積極的に採用する企業が多く、未経験でも十分入社後からでも十分学べる職業なんです。

またIT系の仕事は幅が広く、専門知識を多く必要としないWEB・クリエイティブ系であればそもそも就職する人のほとんどが未経験者で、理系でも問題なく転職出来ます。

MR(医薬情報担当者)

MRは薬剤師や医師に自分の会社の医療用医薬品の品質、効果、安全性などの情報を伝えるのが仕事になります。

医薬品に対する専門的な知識が必要になるので、化学を専攻してきた理系に特におすすめの転職先です。

また医療系のお仕事ですが、医学部しか採用されないわけでなく未経験者でも応募できる求人も沢山あるのが魅力的です。

建築・土木系の仕事

建築・土木系の仕事は施工管理、設備工事、建設コンサルタント、設計事務所など幅広く、自分に合ったやりたい職種を選ぶことが出来ます。

また建築・土木系の仕事はスキルアップ出来る場所として最適で、「土木施工管理技士」、「玉掛け」など様々な資格を取得出来て、次の転職にも有利に働くことが出来るんです。

研究職

研究職とは大学や研究所で行われる特定の研究対象に対しての仮説や原理を突き詰めていく基礎研究と、企業で行われる商品開発や改善のために基礎研究結果を用いて進める更なる応用研究のことです。

理系の大学に進んでいた人ならこのような研究者を一度は志した人もいるのではないでしょうか。

しかし理系に向いている職とはいえ転職先としては正直かなり厳しいものがあります。

そもそも研究職の求人は非常に少ないんです。研究者はやりたいことをやっているわけですから、やめる人も少ないという理由です。

ですから研究職に転職を考えるのなら、大学・大学院で専門知識を特化して勉強してきた人に限ったほうがいいでしょう。

理系を活かした転職を目指すなら転職エージェント!

営業以外 理系これまで理系に向いている仕事をいくつか紹介してきましたが、この他にもたくさんの理系向きの業種・職種は山ほどあります。

この中からさらに自分に向いているやりたい仕事を向付けるとなるとかなり骨が折れ、日が暮れてしまうでしょう。

そこでおすすめなのが転職エージェントという転職支援サービスです。

転職エージェントって?

転職サイトは皆さん聞いたことがあるかと思いますが、転職エージェントは聞いたことがないという方のために簡単に説明しましょう。

転職エージェントは転職サイトと同じく誰でも簡単に無料で登録できて、様々な求人情報を閲覧できるネットサービスです。

ただ転職エージェントが転職サイトと違うのは、あなたに転職のプロである担当者が付くという点になります。

そしてあなたが学んできた理系の知識を活かせる職を希望すれば、それにピッタリの仕事を見つけてくれます。

人気NO.1!「リクルートエージェント」

転職エージェントと言っても様々なサイトがあり、初めはどれを利用すればいいのか悩んでしまいます。

そこでこれを選んでおけば間違いないというのが「リクルートエージェント」です。リクルートは業界最大手の就職・転職支援企業ですし、信頼性もあります。

そしてなんといってもリクルートエージェントではネットに出回らない非公開求人数が10万件以上もあるんです。

つまりリクルートエージェントでしか得られない仕事が見つかるので、全然いい仕事が見つからないという方は非公開求人から探すことを強くおすすめします。

転職まとめ

理系の人が営業をやりたくないと感じるのは当然のことです。だって理系に営業は向いていないんですから。

だったら理系に向いている仕事に転職をしようではないですか。実際に私のように営業職で心と体がズタボロになる前に営業以外の天職を見つけてみましょう。

これまで通勤から帰宅まで嫌で嫌で仕方がなかった仕事が、楽しく思えるようになり人生が変わります。

その一歩を勇気を持って踏み出しましょう。

関連記事

男 転職 営業以外

男でも営業以外に転職出来ます!おすすめの職種・業種は?

20代 転職 営業以外

20代で営業以外の仕事に転職するコツ!転職成功者はコレで成功した

40代 転職 営業以外

40代で営業以外の仕事に転職するのは厳しい?転職成功のコツをご紹介します

営業以外の仕事 女

営業以外の仕事を探している女性の方必見!女性におすすめの職業を教えます

文系 転職 営業以外

文系でも営業以外の仕事に転職できる!文系が活躍できる仕事を紹介

30歳 転職 営業以外

30歳で営業以外に転職するのは可能?転職を成功させる秘訣を教えます!