https://tensyoku-noeigyo.com/

転職に必要な手続きって?退職から転職までのお手伝いを致します

転職 手続き

もう今の会社は耐えられない!辞めてやる!

となった場合でもすぐその場でやめるわけにもいきません。退職から転職までには結構面倒な手続きが必要になります。

そこで退職を決心してから実際に退職するまでの流れ、そして転職に必要な手続きについてわかりやすく紹介していきます。

退職して転職するまでの流れ

転職 手続き営業キツイ!ノルマ辛い!上司のパワハラ!

不運にもあなたに合わない大変な会社に勤めてしまった皆さん。そして勇気ある転職の決断を決めたあなた!

今度こそ自分に合った仕事が見つかるように、ブラック会社を退職してIT企業に転職を成功させた私が退職から転職までの流れをわかりやすくご紹介します。

①上司に退職の意思を伝える

まず初めにやるべきことは直属の上司へ退職の意思を伝えることです。もちろん「明日辞めます!」というのでなく1,2カ月前に伝えるのがベストでしょう。

法律上は退職届から2週間で退職が受理されるのですが、実際は2週間であなたの穴は埋まらないので最低でも1カ月前というのが常識です。

ですから辛いでしょうが1,2カ月は今の会社で耐えましょう。

②退職日を決める

次に上司に退職の意思を伝えると同時に正式な退職日を決める必要があります。あなたが今持っている仕事の量や、スムーズに引継ぎできる期間を考慮して決めるといいですよ。

ちなみに健康保険、厚生年金保険は月末まで在籍が条件になるので退職日も月末で合わせると損なく辞めることが出来ます。

また退職の数日前に有給を使い切ることも考慮して、日程を決めましょう。

③退職願を提出

実際の退職日が決まったら次は退職願の提出です。たまにドラマなどの影響のせいか口頭で退職の意思を伝える前に威勢よく「辞めます!」と退職願を出す人がいますが、急に出されても会社は混乱します。

ですから口頭で伝えて、退職日を上司と相談してから退職願を出すようにしましょう。

ちなみに退職願で書く内容ですが悩む必要はありません。ネットであるようなテンプレでOKです。退職理由も「一身上の理由により」で構いません。

私の場合しつこく聞かれましたが、体調不良とごまかしました。正直に「あんたのせいだよと言ってトラブルを生んでも何の得にもならないですからね。」

もし理由を聞かれてもうまくごまかしてください。

④仕事の引継ぎ

退職願を出したらいよいよ本格的に退職の準備です。具体的には仕事の引継ぎになります。次に自分の仕事を担当する人にお願いと、詳しい引継ぎ事項を伝えるための書類を作る必要があります。

引き継がせるほうは簡単に済ませたいかもしれませんが、引き継ぐほうはいきなり仕事が降ってくるわけですから事細かく丁寧な引継ぎをしてあげましょう。

私も雑な引継ぎをされた経験があるので、引継がれる大変さは身にしみて感じました。

またスムーズに引継ぎを行いたいのなら上司に口頭で退職を伝える前からこっそり引継ぎ準備をしておくのも賢い方法ですよ。

⑤退職手続き

退職の手続きは主に会社に返すものと、受け取るものの2通りに分かれます。それが主に以下の通りです。

会社に返すもの 会社から受け取るもの
  • 健康保険証
  • 社員証
  • 会社の名刺
  • 制服・作業服
  • 会社の事務用品
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 健康保険資格喪失証明書
  • 離職票
  • 退職証明書
  • 源泉徴収票

返すものは会社から要求されるのでいいとして、会社から受け取るべきものはこちらでしっかり把握しておくことが大事です。

何かが不足しているとスムーズな転職の妨げとなる場合もあります。

「雇用保険被保険者証」「年金手帳」は会社によって預かっている場合とそうでない場合があるので、会社が所持している場合は忘れずに返してもらいましょう。

つぎに「健康保険被保険者資格喪失証明書」は退職後の国民健康保険に切り替えの際に絶対に必要になります。

退職と次の会社への転職間が1日でも空いていると切り替えは必須です。

「離職票」は失業給付を受給する場合に必要になります。そのほか退職証明などにもなるので必ず会社に請求しておくことをおすすめします。

なおハローワーク経由での発行となり、手元に届くまで2週間程度かかるので注意しましょう。

「退職証明書」は離職票の代わりとして国民健康保険、国民年金の加入手続きの際に利用することが出来ます。離職票があればすべて済みますが、次の会社に退職証明を求められることもあるので受け取っていて損はありません。

転職に必要な手続き

転職 手続き会社に返すものを返し、受け取るものを受け取ったらあとは自分で役所で手続きが必要なものがあります。それが大きく以下の通りです

必要な手続き 必要な書類
※1、国民年金に加入
  • 年金手帳
  • 離職票または退職証明書
  • 身分証明書
  • 印鑑
※2、家族の社会保険の扶養に加入
  • 国民年金第3号被保険者該当届
  • 源泉徴収票
  • 退職証明書または離職票のコピー
  • 失業保険や年金の受領金額がわかるもののコピー
国民健康保険に加入する
  • 健康保険資格喪失証明書
  • 市町村の届出書
  • 身分証明書
  • 印鑑

※1,2はどちらか一方の手続きが必要になります。

国民年金と国民健康保険は退職後14日以内に手続きが必要になります。家族の社会保険の扶養に入る場合は出来るだけ早く手続きを行うのが望ましいです。

これらの手続きを行う際に退職時に受け取る退職証明書や離職票が必要になりますので、必ず忘れずに受け取っておくようにしましょう。

転職エージェントで手続きをサポートしてくれる

退職・転職時の手続きを簡単に説明してきましたが、混乱して良く分からないという方も正直いるでしょう。

そんな方は転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントとは無料の転職サポートサービスなのですが、仕事探しから面接対策、さらには退職・退職時の手続きのアドバイスもしてくれます。

転職に関することはすべて手助けしてくれるので手続きでお困りの際は登録しておいて損はありません。

仕事を探すならリクルートエージェント

転職 手続き転職サポートサービスに特化した転職エージェントですが、その中でもおすすめなのが「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは全転職エージェントの中で一番の転職成功率を誇り、非公開求人も10万件以上閲覧できます。

もちろん転職の手続きでの疑問点にも親切に答えてくれるので、転職エージェントを利用するならリクルートエージェントがおすすめです。

転職まとめ

転職したいと思っても手続きの事を考えるとつい億劫になってしまいますよね。しかし実はそれほどやることは多くなく、退職時に貰うべきものを貰っておけば転職の手続きはすべてスムーズに進みます。

また何かわからないことがあっても転職エージェントに登録していれば親切に相談に乗ってくれてとても便利です。

ですから悩んでないで転職はいち早く行動することが成功のカギになります。

関連記事

転職 退職理由

転職するなら退職理由が重要!注意点や回答例を紹介します

営業以外 求人

営業以外の求人を見つけるコツを伝授!どこで探すのと見つかるの?

営業以外 資格

営業以外の仕事をするには資格が必要?資格がなくても働ける仕事を教えます!

転職 履歴書

転職するときの履歴書ってどうやって書くの?書き方のポイントや注意点を教えます

【転職】ネットの口コミ・評判で会社を決めちゃダメ!ブラック企業を避ける方法

転職 探し方

【転職求人の探し方】間違った仕事の探し方していませんか?