https://tensyoku-noeigyo.com/

営業以外の仕事がしたいならこの仕事!転職で明るい未来を手に入れよう

「転職してえ…」

どれだけ頑張っても残業手当もボーナスもつかないから生活は苦しいし、上司が言ったことをすぐ忘れるから、指示通りに進めていても数日後には『違う!』と怒鳴られる。

社会人になってから今まで、しがみつくようにこの会社にいたけど、もう無理。限界。転職しよう…。

そう思ったけど、営業職は大変そうだし何となく自分には合わなさそう、そんな気持ちがよぎってどうしても良い印象はない。

そこで今回は、そんな”営業以外で自分に適した転職先探し”をお手伝い!

営業以外であればどんな仕事があるのかを、「なんで営業がイヤなのか」を見ながら紹介していきます。

今の給料よりも高待遇で、自己成長やスキルアップも図れる、自分にとっての天職を見つけるためにも、是非参考にしていってくださいね。

営業以外で職種を探すときは”なぜ嫌なのか”で判断しよう

営業職といえば企業の花形。

言葉巧みに商品やサービスの良さを訴求し、顧客を獲得する仕事ですよね。

営業にも様々なカタチはありますが、そもそもなぜ営業につきたくない!と思ってしまうのでしょうか。

そこを明確にしつつ、どんな職種がおすすめなのかを一緒に見ていきましょう。

「ノルマや成績に追われるのはうんざり」

典型的な『営業に向かない人』ですね、コレ。

営業職はどんな形であれ、ほぼ確実にノルマや利益といった数字が重くのしかかります。

そのため、いくら自分が売れないものは売れないんだ!って思っても、成績が悪ければ上司から「売れ売れ!」と叱咤されることも。

そんなノルマや成績といった、『利益と直結する仕事には就きたくない!』、『のんびりマイペースに仕事をしたい!』、そんな方はドライバーなどの運送系や、経理・人事などの管理・事務系、保育士や講師といった教育系の仕事がおすすめです。

「人と会話するのが苦手…」」

「会話術(トーク力)」。

人対人のやり取りが基本となる、営業にとっての必須スキル。

出来る営業マンのような話し上手にはなれないな…と思っている人でも、転職先を選ぶのは意外と簡単で、接客業やサービス業も一部を除いて選ぶことが出来ます。

というのも、接客の受け答えと言うのは実にシンプルで、マニュアル通りに受け答えできれば特に問題なく、トークが上手い下手なんてあまり関係ないからなんですよ。

そう考えると、引っ込み思案だったり会話が苦手だったりする方は、事務や経理などの人前に立たない仕事や、ドライバーなど一人で黙々と行う仕事がおすすめです。

「人付き合いが苦手!」

前項の会話が苦手…という方とも似ていますが、こちらは特に社内・社外の両方で、仕事上ではなるべく関わりあいたくない…

本当に人付き合いが苦手な、自他ともに認めるほどのコミュ障の方もいるかと思います。

そんな人でも、関わる頻度が少ない仕事や最低限度の関わりだけでも大丈夫な仕事を選べば、のびのびと仕事が出来ますよ。

具体的には、トラックの運転手や工場(製品制作など)、ビルメンテナンス、プログラマー、施設警備、SEや各種デザイン関係などの仕事があげられます。

イメージとしては「基本一人でも作業が出来る仕事」を探すと良いですよ。

「会社や上司とそりが合わない!」

同僚や先輩、後輩とうまくいかない。女性ばかりの職場で、裏でこそこそ陰口を言われるのも辛いし、男性上司がかわいい女性にだけ明らかなひいきをする。

もっというと、忘年会や新年会で毎年出し物をしないといけないし、ごますり上手が出世するような会社だ!

そんな、あれもダメこれもダメで新しいことに何も挑戦できない会社の雰囲気や上司の態度に嫌気がして、転職を考える人も多いですよね。

このタイプの人は、基本的に職種を絞らずに仕事を探してみるといいですよ。

ただ、面接の際には40代、50代でも生き生きと働いているかどうかや、後悔している求人内容で4~5年以上の社員が多いかなど、「自分が求める会社の雰囲気かどうか」は見ておくようにしましょうね。

ちなみに、より自由な社風を!と考えているなら、IT・WEB系の業種がおすすめだと思いますよ。

「妊娠・出産に優しくない!」

女性にとっての一大イベントでもある「妊娠・出産」。

それなのに、頭の固い上司や古臭い考えの社風があだとなって、育児休暇も産休も全くなし!そんな会社とはおさらばしたいですし、転職したくもないですよね。

そんな女性の方におすすめのお仕事は、やっぱり事務や経理が鉄板。ですが特別なスキルや資格を持っているなら技術職などの専門職もおすすめなんですよ。

そのため、女性が転職先を見つけるときは自分がやりたい仕事を見つつ、育児休暇や産休といった内容が充実しているかどうかを、照らし合わせておきましょうね。

「残業で自分の時間が取れない!」

「毎月、残業時間が150時間以上!」
「隣の席で居眠りしているあいつと、毎日終電帰りの自分が同じ給料なんだよな」

なんて毎日の残業時間が嫌で転職を考えている方もかなり多いですが、この悩みで転職する場合は、仕事よりも職場を選ぶ必要があると思います。

というのも、実は経理でも毎月の締め日は、損益計算書や貸借対照表を作るため、残業することもあるんです(経験談)

だからこそ、残業が少ないと言われているメーカーの仕事や薬局、スポーツ関連施設やホテルなどの、交代勤務がある業種や職種、スケジュール調整に他社の都合があまり絡まらない業種がまずおすすめ

次いで残業代がたくさん含まれているような求人を選ばないようにすると、残業がなく自己研鑽や自分の趣味に没頭できる時間を作っていけると思いますよ。

「お家万歳!家族とも離れたくない」

「○○へと転勤してもらいます」

営業職に就くと大事が家族がいるのに、こんな辞令が下って、泣く泣く転勤することに…しかも転勤先はオリンピックの開催周期と同じくらい早い…そんな転勤族にはなりたくない!慣れ親しんだこの土地に腰を据えて仕事をしていきたい。

そんな転勤したくない人はお仕事よりも職場を変えてみることをおすすめします。

ただ製造系の管理職など、海外への支社もある大手企業となると、海外への転勤も考えられますので転勤がない会社を選ぶのであれば、転職先は絞るようにしましょうね。

仕事のモチベーションは、「自分が興味あること」をやれるかどうか

見てもらうとわかるように、「営業以外に転職したい!」と思っても、人によって適している職種は違います。

そのため、ただ漠然と営業以外で転職を考えていると言うだけでは、自分の転職への可能性がわかりませんし、どの業種・職種に適性があるかもわからず、同じような転職先を選んでしまうことだってあるんです。

そう考えると、「転職したい」と思ったらまず自己分析して、自分が営業以外に転職したい本当の理由を考えつつ、やりたい職種や業種を絞って見るようにしましょうね。

転職するならハロワも転職サイトも使うな!?そのワケ

営業が嫌な理由から、営業以外に転職するならどんな仕事かを見てきましたが、コレを見てちょっとドキってした方も多いと思います。

転職を考えた時に、まず思い浮かぶのが「ハローワーク(職業安定所)」や、マイナビやリクナビNEXTといった「転職サイト」ですよね。

でも実はコレ、転職を考えた時に”正直使い物にならない”モノの代表格なんです!

ここからはその理由について、ちょっとお話していこうと思います。

ハローワーク(職業安定所)はサポート力が皆無

転職を一度経験されたことがある方はわかる話なのですが、ハローワークは下のような流れで転職活動します。

見てもらうとわかるようにハロワの係員は基本的に窓口になる”だけ”で、気になった企業の内部事情や、業界情報を持ち合わせていないため、完全に『個人(あなた)対企業』とのやり取りとなるんです。

また、履歴書や職務経歴書等の添削等も行ってくれるので、転職活動のサポートはある程度してくれますが少々心もとないのも事実。

その上、転職活動の拠点がハローワークの事業所となってしまうので、在職者などの時間に余裕がない人は通いづらいです。

そう考えると、優良企業の選別等が難しく「本当にこの会社でよいのか」が不安になりますし、転職したとしても「失敗した!」と感じてしまうかもしれません。

転職は人生でも大きなイベントの一つですので、こういった不安を取り除いておくためにも、ハローワークは転職する時にはあまり利用しなくても良いかもしれませんよ。

転職サイトは求人が多いけど質はガタガタ

一方で転職サイトはどうでしょうか。

メリット
  • スマホでも見れる為、すぐに転職活動が出来る
  • 自分のペースで転職活動が出来る
  • 求人数が豊富
  • 無料で利用可能
デメリット
  • 全て自分で対応しないといけない
  • 多すぎる求人の中から”自分”で希望の求人を探さないといけない
  • 求人メールがバカスカ届く
  • 履歴書や職務経歴書の作成が大変
  • 落ちた理由がわからない
  • 転職後のミスマッチが多い
  • 転職先がブラック企業の可能性がある
  • 転職サポートを受けられない

簡単に転職サイトのメリット・デメリットをまとめましたが、見ただけでもあ、面倒だなこれ」と思った方もいるのではないでしょうか。

先ほどハローワークでも「個人対企業」とのやり取りになると言いましたが、転職サイトはより厳しい環境で、転職活動することになるのが分かりますね。

履歴書や職務経歴書の作成を誰も見てくれないし、企業から落とされた理由もわからない…その上、転職してみたら自分に合わない・ブラック企業だったなんてことを考えると、正直ゾッとします。

その上、時間関係なく求人メールが届くのも難点。

そう考えると、転職サイトは求人をちらっと見てみるだけでも充分な気がしませんか?

転職活動を成功させた人が使っているマル秘サービス

「ハロワも転職サイトも使えないなら、転職できないじゃん」

ここまで読むと、そう思った方もいるはず。

実は転職活動を成功させ、

  • 自分が興味のあるやりたい仕事に就くことが出来た
  • 妊娠等の制度が整っている会社で働くことが出来ている
  • 残業が少なく、好きなことを出来る時間がある
  • 成果がしっかり給与に反映される!
  • 転居を伴う転勤がない会社に勤めることが出来た!

なんて自分の理想としている会社へと転職を成功させ、毎日充実な生活を送れている人が使っていたのは、ハローワークでも転職サイトでもなく、”転職エージェント”だったんですよ。

転職エージェントって何?

転職エージェントは、転職サイトと同様に利用料が無料の転職ツール。

その為意外と混在することが多いんですが、専任のキャリアアドバイザーと一緒に、自分に適した・理想に叶った転職先を探して、企業を紹介してくれます。

そのため、転職した後にブラック企業だったり自分に合わなかったりと、ミスマッチがかなり起きにくくなっているんです。

しかも!転職エージェントは、企業から一般には非公開としている求人もあずかっているのも強いところ。

あなたの理想の業種や職種の企業が、あなたのスキルや実績を見て、特別待遇で採用の声がかかることだって考えられます。

そのほかにも下のような特徴があるんですよ。


  • 企業が探している人材であることをアピール出来る履歴書や職務経歴書の書き方をレクチャー
  • 企業への推薦状を作成してくれることもあり、通過率はがぐんと高くなる
  • 模擬面接も実施してくれるので、面接の場でもしっかり魅力をアピールできる
  • 給料交渉や面接のスケジューリングも代行してくれる
  • その他不安に思うことや企業に聞きにくいことも代行して聞いてくれる

つまり、転職エージェントはアナタと二人三脚で転職活動してくれる、頼もしいサービスと言えるのではないでしょうか。

転職エージェントはどこを選ぶべき?

そんな転職エージェントのおすすめは、ズバリ”マイナビエージェント”。

※こちらからもサービス内容を確認することが出来ます。

マイナビエージェントは、就職・転職大手のマイナビが運営しているサービスの一つで、同じ転職サイトのマイナビと比べても下のような違いがあります。

比較ポイント マイナビエージェント 転職サイト
気軽さ 登録後に面談アリ(電話でも可) 様々な企業の情報が確認可能
応募もできる
サポート力 その業界のプロがアドバイス
業界に強い書類作成サポート
役立つコンテンツでのみ
解決策を確認できる
求人数 非公開求人多数 多種多様な求人を多数掲載
確実性 サポート体制が充実
手厚いサポートで転職をサポート
全てが自分次第
手間 面談などはあるが、
応募企業を厳選してくれる
面談はない。
しかし全て自分で調べて行動する

つまり、面談(電話等)はあるけど、自分が本当に就きたい営業以外の仕事や理想の条件で転職先を探しやすく、確実に転職を成功に導くサポート力がある、マイナビエージェントの魅力と言えるのではないでしょうか。

まとめ

「成績やノルマに追われたくない」
「営業部の独特のノリや雰囲気が嫌だ」

そんな理由から、営業以外への転職を考える人は多いと思います。

しかし、転職はアナタのこれからのキャリアにも大きく左右されること。だからこそ転職はしっかりと自分に適しているかどうかや、自分の理想とする条件であることをしっかり見極めることが重要です。

そのためにも、プロの目線で手厚いサポートをしてくれる、転職エージェントは頼もしい見方と言えるのではないでしょうか。

関連記事

金融業界 営業以外

金融業界から営業以外の仕事へ転職!あなたにピッタリの職業は必ずある

営業以外 総合職

営業以外の総合職って何があるの?一般職と総合職の違いとは?

不動産業界 営業以外

不動産業界で営業以外の仕事って何がある?転職を成功させる方法をご紹介

営業以外で稼げる仕事

営業以外で稼げる仕事ってないの?今の時代、楽して稼いだもの勝ち!

営業以外 何がある

営業以外に何がある?転職におすすめの営業以外の仕事を紹介します!

転職 営業以外

営業以外の転職を考えているすべての人へ、おすすめの仕事を教えます!