https://tensyoku-noeigyo.com/

営業以外の仕事がしたいならこの仕事!転職で明るい未来を手に入れよう

営業以外の仕事がしたい
  • 「営業がどうしても苦手だなぁ」
  • 「やりたくないなぁ」
  • 「毎日がストレスで辛い」

という人っていますよね。

それで営業以外の仕事がしたいと思っても、「営業にも色々な仕事があるよ」って言われたり、自分でも「営業が嫌というのは甘えなんじゃないか?」と自問自答したりして結局、転職することを諦めている人が大多数です。

でもそんな難しく考えなくていいんです。

「嫌ならやらなきゃいいじゃない!」

だって営業以外の仕事なんか世の中、山ほどありますよ。ですから嫌なことを無理に続けるか続けないか迷ってないで、これを機に「これだ!」と思える仕事を見つけましょう。

営業をやりたくない理由

営業以外の仕事がしたい営業が嫌と言っても色々な理由があります。仕事内容、人間関係、待遇など様々。

そこで自分が営業の何が嫌なのか明確にしてみませんか?

そうすることで次の仕事探しのヒントにもなります。

人と会話するのが嫌

営業職に就く前からやりたくないと思っている人に一番多い理由がこれです。

かく言う私もこのタイプだったのですが、人と会話するのが苦手な人っていますよね。良くコミュ障と例えられたりしますが、そこまでじゃなくどちらかと言えば苦手に感じる人も営業職は毛嫌いする傾向にあります。

それもそのはず営業職のイメージって言葉巧みにペラペラしゃべって商品を買わせるセールスマンって感じですもんね。

実際、そのイメージは大方間違ってはいなく営業職には高いコミュニケーション能力が必要とされます。

ノルマがストレス

ノルマがストレスで営業をやりたくないというのは過去・今現在、営業職に就いていてこれから転職を考えているという人に多い理由です。

実際、営業のノルマというのは尋常じゃない精神的ストレスがあり、それが原因で体を壊す方もいます。

特に成果が一軒もなかったりすると会社に戻るのが地獄に自ら足を踏み出すような感覚になり、何度も逃げ出したくなります。

またノルマが全然達成できないという悩みで営業が嫌になる方もいるようです。

給料が少ない

給料の額は会社にもよりますが、労働の辛さに比べると見合っていないと不満に思う方が結構いるようです。

特に営業職は歩合制を採用しているところが多く、ノルマが達成できない人はストレス&低収入の2重苦を味わいます。

ですから安定した収入を得たい人も営業以外へ転職を望む傾向にあるようです。

営業に向かない人はこんな人

営業以外の仕事がしたい営業をやりたくないと思う自分の理由を見つけることが出来ましたか?

では次に初めから営業に向かない人の特徴をお伝えします。

一つでも当てはまるようならあなたは営業に向いていない可能性があります。

ですから営業の仕事がうまくいかないのも、営業が嫌に感じるのも甘えでもなんでもなく単純に営業に向いていないからです。

コミュニケーションが苦手な人

先ほども少し述べましたが営業職は高いコミュニケーション能力を必要とする仕事です。新規顧客を獲得するための話術も大事ですし、上司にうまく媚(こび)を売って機嫌を取るという処世術も営業職で長く生き延びる大切な手段になります。

しかしコミュニケーションが苦手な方だと、顧客を獲得できないんはもちろん、上司に好かれることが出来ずに成果が出ないと目の敵にされどんどん営業が辛くなってしまいます。

ですから転職の際はコミュニケーションをあまり必要としない工場勤務、自販機補充員、事務職、清掃員、プログラマーなどがおすすめです。

ストレスを溜めやすい人

人間はストレスを溜めやすい人と溜めにくい人の2種類に分かれます。

全くストレスを感じないロボットのような人間はいませんが、すぐにストレスを発散出来て嫌なことがあっても次の日にはケロッとしている人と、いつまでもストレスによるモヤモヤが心に残ってしまう人がいます。

後者のようなストレスを溜めやすい人はやがて心を壊し、うつ病などになりやすいんです。

だからこそストレスが溜まりやすい営業職は要注意で、このような人は心に負担のない仕事探しをおすすめします。

例えば社内での会話が少ない倉庫内軽作業、定時で帰れる公務員、ノルマのない事務職などがストレスの少ない仕事です。

コツコツ働きたい人

営業のように毎日セカセカと動き回って働くよりも、決まった仕事をコツコツとこなしながら働くのが好きという人もいます。

このような人は昔から一つの事に集中して取り込む特徴があり、正確で信頼性のある仕事をこなせる貴重な人材です。

だからこそ向かない営業職に埋もれるよりも自分を活かせる仕事に転職をしましょう。

おすすめの仕事はプログラマー、CADオペレーター、事務職、職人業(靴職人など)、Webデザイナーがあります。

デスクワークが好きな人

肉体的に外で働くのが辛い、一日中室内で働きたいという人はまさに営業とは真逆の立ち位置です。いままで営業職に勤めていた方はさぞ大変だったでしょう。

そんなあなたにはオフィスワークをおすすめします。室内でずっと作業をする仕事と言ったら事務職をまず思い浮かべると思いますが、他にも経理、総務、秘書、受付嬢などがありますよ。

営業から営業以外へ転職したい人へ

営業以外の仕事がしたい以前、もしくは現在営業職に勤めていて転職を機に営業以外の職を目指すという方は未経験の仕事をするわけですから不安に思う方がほとんどです。

しかし、未経験職への転職に対して不安視する必要はありません。実は転職経験者にアンケートを取ったところ、未経験職へ転職した人が過半数の6割を占めているんです。

また営業職経験というのはいわば物を売るという仕事の基本ですから、どの業種を目指しても営業経験はプラス評価されます。

ですからどんどん未経験職にチャレンジするのもありですが、年齢の関係やどうしても営業を活かせる仕事がしたいのでしたら企画・マーケティング職がおすすめです。

企画・マーケティングは販売戦略を考える仕事で、ターゲットに寄り添って物を売ってきた営業経験者にはピッタリの仕事になります。

文系から営業以外へ転職したい人へ

営業以外の仕事がしたい文系出身者で転職に苦しむ人は増えています。

なぜなら文系の人のなんと約7割が営業職へ就職しているんです。そのため文系は営業以外への転職が厳しいと思っている人も多いようです。

でもそんなことはありませんよ。

そもそも営業職に文系が向いているのはコミュニケーション能力が高かったり、ビジネスの基礎が身についていたりするからという理由があります。

しかしこのような文系の特徴を活かせる転職先は営業以外にもたくさんあり経理、総務、人事職、広報職、販売員など様々です。

ぜひ自分に合った仕事を見つけてみましょう。

営業以外に転職するなら転職エージェント

営業以外の仕事がしたい大体のやりたい営業以外の仕事が見つかったという方は後は会社探しです。

そこで会社(求人)探しにおすすめしたいのが転職エージェントというサービスになります。転職エージェントが何か知らないという方のために簡単に説明しますと、転職サイトのように無料で登録することで様々な求人情報が見れる転職サービスです。

ただ転職サイトと違うのがネットでは出回らないような非公開求人情報をメインに掲載している点と、あなたに担当者がついて仕事探しを一緒にしてくれる点になります。

誰でもネットで見れる一般求人は空求人やブラック求人が多く転職に失敗する大きな要因です。

だからこそ信頼性が高い転職エージェントの非公開求人で転職のプロの方と一緒に会社を探すことが転職を成功させるコツになります。

まずはリクルートエージェントに登録してみよう

最後に転職エージェントの中でも特におすすめしたい一押しのサイトがリクルートエージェントになります。

リクルートエージェントは転職成功実績1位を獲得しており、掲載している求人数も10万件以上とNO.1なんです。

自分で求人を探してもなかなか仕事が見つからないという方はまずはリクルートエージェントに登録してみましょう。

転職まとめ

今の仕事が辛い、営業以外の仕事がしたいと思ったら、迷ってないですぐにでも転職の準備をしましょう。

私も転職経験があるのでわかりますが、転職は長引けば長引くほどうまくいきません。そして次の仕事が見つからずに結局今の営業職で地獄の日々を過ごすなんてことになり帰んないんです。

ですから今日が人生の分岐点だと思い、転職をきっかけに明るい未来を手に入れましょう。

関連記事

事務系 営業以外

事務系(事務職の)の営業以外の仕事がしたい人必見!事務の仕事内容の全貌を紹介

金融業界 営業以外

金融業界から営業以外の仕事へ転職!あなたにピッタリの職業は必ずある

営業以外 総合職

営業以外の総合職って何があるの?一般職と総合職の違いとは?

不動産業界 営業以外

不動産業界で営業以外の仕事って何がある?転職を成功させる方法をご紹介

営業以外 何がある

営業以外に何がある?転職におすすめの営業以外の仕事を紹介します!

営業以外 未経験 転職

営業以外の未経験職への転職は不利ではない!転職を成功させるポイント